先立

  • インタビュー記録:ABEYが業界先端に先立つ独特性と技術アドバンテージ

    先日、嬉しいことにABEY基金会顧問である黄連金さん及び陸基研修社創業者のLilyさんをお招きすることができて、ABEYの中心競争力、技術アドバンテージ、今後のトレンドについて話をお伺いしました。黄連金さんは中国移動通信連合会ブロックチェーン専門家委員会トップセキュリティ専門家で、2018年スタンフォード大学ブロックチェーンと人工知能コンテストの審査員を務め、最近はABEY基金会の客員顧問に就任なさいます。 次が今回のインタビュー記録: 一、ABEYの早期注目者の一人として、多くの愛好家を代表し、よりよくABEYの起源について把握したいですが、どうしてABEYが数多くのブロックチェーンプロジェクトにおいて業界先端に先立つほどの独特性を持っていますか、ABEYの中心競争力について詳しく教えていただけませんか。 黄連金:わかりました。まず、A-B-E-YはAdvancedBlockchain for EnhancedYieldsのイニシャルで、その意味は収益向上に専念する効率よいブロックチェーンです。2018年に誕生しました。ABEYが存在する主な目的は本質からブロックチェーンの作動効率を向上させて、この革命的な技術が真に大規模的に普及させることにあります。 周知のように、ブロックチェーン普及の最大の難関はその遅い取引スピードです。ビットコインネットワークは一秒間7回の取引しか対応できなくて、イーサリアムネットワークは一秒間最大で20回の取引しか対応できません。故に、ビットコインが誕生してから10年余り経つ今、ほとんどの人間はブロックチェーンを耳にしたくらいで、この技術をあまり使うことがありません。 ブロックチェーンの効率が悪い、大規模的に普及できないデメリットを克服するためにABEYが開発されました。独立したパブリックチェーンの一つです。ABEYはユニークなコーチェーン管理方法とチェーンフレームを採用しています。たとえば、ABEYはチェーンの中で50個の活躍するブロックしか使用しないという研究をしています。新規ブロックを作成する時、一番古いブロックはチェーンの末端から移設されます。しかしそのデータは尚且つ保存されます。このようなフレームの研究に成功する場合チェーンは短く、軽く、レスポンススピードが早くなります。ABEYは平均2分間で新規ブロックを作成できて、複数の研究によると、ブロック作成のベスト時間に近いことが証明されます。伝統的なブロックチェーン技術(ビットコインとか)、ABEYの方が確実に効率が高いです。 二、面白いですね。先ほどおっしゃったように、ブロックチェーンとイーサリアムの作動効率が低めですが、ABEYはどんなレベルでしょうか。 黄連金:理論上、ABEYの処理効率はユーザーの需要に応じて向上し続けます。効率の変化も実際応用のジャンルによります。たとえば、ABEYブロックチェーンの中心に基づく初めての例はaPaySystems PaymentServices(a決済)プラットフォームです。プロジェクト側の紹介によると、現在の効率はVISA/Mastercardクレジットカードシステムのスピードと処理量を超えています。 機能について、aPayプラットフォーム内部ではビットコイン、イーサリアム、ビットコイン現金とライトコインを瞬時にACT(またはaCash)というステーブルコイン(ドルに関連)に変換させることができます。ユーザーがACTを入手する場合、ほかのaPayユーザーと取引することができます。 そのほか、ユーザーは速いスピードでACTをaPayという暗号口座番号まで振り込むことができて、その後VISA/マスターカードに対応できる店舗(オンラインとオフライン)で決済ができて、且つ世界中如何なるATMで法定通貨を下ろすことができます。aPayのターゲットは暗号通貨と現実世界の架け橋となり、暗号化通貨を正式に主流ビジネス世界まで導入します。 三、それでは、aPayはブロックチェーン技術がデジタルビジネスの大規模な応用につながりますが、そのほかに、ABEYチームにはその他自慢できるものはありますか。 黄連金:現在研究開発チームはABEYのスマートコントラクトに対してalphaテストを行っています。これは大きな里程標です。ABEYはイーサリアムとほかのブロックチェーンに比べて、まったく違う方法でスマートコントラクトという機能を完備化させます。 ABEYは疎結合(loosecoupling)というスマートコントラクトを構築してフレームを実行します。これは人々が如何なるプログラミング言語を使用できることになり、またはコンパイラーを使ってABEYプラットフォームでスマートコントラクトを開発します。それに比べて、開発者はイーサリアム生態の開発に制限されることなく、スマートコントラクトがブロックチェーンの構築と作動における方法を再構築できます。 ABEY生態の中ではじめてのスマートコントラクトはC言語(C言語は世界最もよく使われるプログラミング言語ランキングで第三位)でプログラミングします。現在、世界中は540万以上のCとC++言語開発者がいます。それに比べて、イーサリアム生態の中は10000人以下のSolidity言語の開発者しかいません。5から6年後、イーサリアム生態の開発者の拡張率は尚且つ遅い見込みです。 開発者になじみの言語を提供し、まったく新しい言語(たとえばSolidityまたはVyper)を勉強させるわけではないことによって、ブロックチェーン技術の実用性と採用率の向上につながります。 四、現在ABEYはどんなプロモーションをし、いつからZBXプラットフォームに進出し、取引をしますか。 Lily:ABEYは2020年8月8日よりZBXプラットフォームで取引を始めます。CiprianPungila博士(ABEYブロックチェーン技術の共同創業者)は現在世界各地のブロックチェーン発表会と学術会議でチームの研究開発成果を発表します。これはABEYがマスコミにおける知名度の向上につながります。Pungilaはかせは2019年末の二つ大型ブロックチェーン発表会-AIBCマルタ2019、およびシンガポールで開催する予定のBlockShow2019に参加しました。これらのイベントにおいて、Pungila博士は積極的な意見、及び多くの機関投資者の支持をいただきました。 五、ABEYの初期取引量と価格はZBX取引が始まる前の予想を遥かに超えるとおっしゃっていました。このような結果を達成できる理由は何だと思いますか。 Lily:ZBX取引初日(8月8日)、ABEYの終わり値は1ドル近いでしょう。これは心強いシンボルです。投資者にとって、早いうちにABEYと現在ほとんどのブロックチェーンプロジェクトと簡単に比べれば、その明らかなアドバンテージにたどり着くはずです。予想取引価格は右肩上がりになるでしょう。 六、ABEY今後のトレンド、たとえば短期、また中長期における取引量と価格について予想してくだいませんか。 Lily:8月以来、ABEYの取引量は安定な向上を見せています。価格において、ABEYは短期間以内に係数級の上げ幅を遂げて、15ドルから20ドルになるでしょう。これはABEYが次第にそのポテンシャルを見せ付けるころです。そのうちに、新しい投資者がABEY技術に秘められる価値にたどり着くでしょう。 七、われわれ読者はどこからABEYの情報を知ることができるでしょうか。 Lily:abey.comはABEYプロジェクトのホームページで、そこでプロジェクトホワイトペーパー、ウォレットのダウンロードリンクとほかの情報が確認できます。

    11/30/2020