通貨

  • 2020年ベストのデジタル通貨自動アービトラージのシステムガイド

    デジタル通貨取引で利益を高めることは容易なことではありません。毎日、主要通貨の収益性向上のために努力している投資家がたくさんいます。その中に多くの投資家は取引ロボット、または自動取引ソフトウェアを使い、より効率的に取引を実行しています。この方法により、寝ている間にもアービトラージ(裁定取引)が自動的に実行されていて利益が得られます。このシステムは人間のように取引を自動的に実行できるため、アービトラージロボットと呼ばれています。このアービトラージロボットは自動的に取引完了させ、休むことなく継続的にアービトラージを実行することができます。 プログラミングソフトウェアを採用した自動アービトラージロボットは、市場での取引量、注文、価格と時間などの市場の動きを分析する技術です。また、この自動アービトラージロボットは、デジタル通貨の世界では非常に一般的です。なぜなら、一日中パソコンの前に座って画面をじっくりチャートを観察する時間も、手動で取引を実行する時間もないてからです。結果として、ロボットやシステムが国際の証券取引所でも頻繁にで使用されています。ほとんどの人は、ビットコインを毎日仕事の間にパッシブインカムを生み出す方法として取引をし、ある意味でベッドで寝ながらもお金を稼ぐことができます。今日に至り、ビットコイン取引ロボットは多くのデジタル通貨の取引所で使うことができます。このロボットは無料でオンラインでダウンロードでき、さまざまな取引エンジンやネット企業が提供する取引ロボットサービスもあります。 取引ロボットがこのように多くの人に使われていますが、ここである問題が生じました。信頼できるロボットはどれかということです。次にベスト6選のデジタル通貨取引ロボットを紹介します。   JPEX数字銀行の環形アービトラージ   JPEX数字銀行の環形アービトラージは、非常に成熟したアービトラージのシステムです。JPEX数字銀行には、日本の東京大学に所属する伊藤博士のチームによって開発された、AIベースの自動アービトラージのシステムです。このシステムは、自動的にデータを照合して記録し、リアルタイムで市場での変動を監視することによって、取引所への指示を送信して定量的な担当者と協力してリアルタイムで監視し、使用者の資金の安全性の確保します。それと同時に、JPEXのバックエンドにあるAIシステムはSASと自己学習機能を採用しており、JPEX IAIAシステムの全体を構成しています。このシステムは、当初5%の年率から、2年間の実践で40%を超える年率に至りました。一般的なAIシステムとは異なり、現在のJPEX IAIA 2.1システムは、従来のヘッジファンドで知能システム的に操作されるようになっていますです。 少し前に、新しいデータと古いデータの交換することにより、取引戦略が古すぎてマイニングバイアスが発生しました。しかし、IAIA 2.1は、いくつかの取引戦略に過度に依存して損することがありません。これにより、一般的な定量的なアービトラージ取引戦略の問題が解決され、収益が安定するようになりました。時が経つとともに、ますます多くの取引所のAPIが繋がり、収益がより安定になっていきます。 IAIA2.0は新たな定量システムが追加されました。この定量システムは6人の上級投資アナリストに共同で監視されます。定量システムの導入により、JPEX 数字銀行のアービトラージシステムがより精確かつ収益率も高くなります。IAIA2.1システムでは、12種の先物市場の20年間の履歴データが追加されたため、24時間年中無休でユーザーに利益をもたらすこともできます。 環形アービトラージのデータは基本的に、Binance、Huobi、Bitfinex、Coinchick、OKEX、Upbitなど、いくつかの主要市場の市場データに基づいています。現在、ETH、BTC、USDT(ステーブルコインも安定していません)、EOS 、TRX、BCH 6つの通貨のアービトラージが含まれています。 JPEX数字銀行は、セキュリティのパフォーマンスの面では、銀行とリスクマネジメントのシステムを採用しており、コールドウォレットとホットウォレットを分離する技術で、ユーザーの資産をコールドストレージに保存します。実際JPEX数字銀行ははユーザーの秘密鍵に触れることはありません。ホストのアプリケーション層でデータを暗号化・復号化し、データソースが正確であるのを常に検証しています。これは、日本の主要金融データのセキュリティ保護レベルの効果的な物理ツールで、完全なる秘密鍵の管理システムを備えています。ユーザーの秘密鍵の場合、JPEX数字銀行は機密情報を物理的に封鎖して読み取り不可能にし、チップに納めてコールドストレージに保存しています。このハードウェアチップに、分解されると自己破壊する機能が備わっており、基本的には軍事レベルに近いものに作られています。 安全性の面では絶対にトップと言っていいです。 JPEX数字銀行の環形アービトラージは、この市場で群を抜いて最も人気がある、有望な裁定取引モデルです。 2.Gekko Gekkoは、18種のビットコイン取引(Bitfinex、Bitstamp、Poloniexを含む)に対応するビットコインの取引ロボット兼バックテストプラットフォームです。Gekkoは無料、100%オープンソースで、GitHubプラットフォームにあります。 この自動取引ロボットには、複数の基本的な戦略しかないため、使い方が比較的に簡単です。また、Gekkoはゼロから書かれたwebインターフェイスを持っています。ローカルデータと戦略を監視することができ、バックテストを実行して結果を視覚化すること可能です。さらに、IRC、テレグラム、電子メールなどその他のプラットフォームのプラグインで使うこともできます。Gekkoはすべての主要なOS(Windows、macOS、およびLinux)で作動でき、一度試してみる価値がある取引ロボットです。 BTCロボットは、初期のビットコイン自動取引ロボットの1つです。取引ロボットは、異なるタイプのソフトウェアと会員にさまざまな課金方法を提供しています。その中で最も安価なロボットは、149ドルのシルバーソフトウェアです。トレーダーにさまざまなWindowsOSがダウンロード可能なバージョンを提供し、Macユーザーですと少額の追加料金を支払う必要があります。ただし、このツールを使うことにより、収入が大きく変わる可能性があります。ほんの少しの利益しか出ない人とはつまり、すでに時代遅れで廃れたのです。しかし一方、簡単に操作することができなく、そのアルゴリズム取引が市場を完全に予測することもなかなかできません。これはつまり、負けトレードが生じることであり、注意を払う必要があります。 3.Zenbot Zenbotは、ビットコイントレーダー向けのもう1つのオープンソースの取引ロボットです。この取引ロボットは、過去数ヶ月内に特に大きな変化はありません。ただし、必要に応じて、コードをダウンロードしてソースコードを変更することができます。これはZenbotの3回目の反復であり、依然として軽量なAIビットコイン取引ロボットのままであり、高頻度で取引を実行し、同時に複数の資産を対応できる、数少ない解決方法の1つでもあります。このロボットは、Gemini、Quadriga、Bittrex、Kraken、Poloniex、GDAXの取引所に対応しています。GitHubページによると、Zenbot 3.5.15はわずか3か月で1.531の投資収益率を達成しましたが、一部のデータの真否について疑いがあります。 4.Tradewave Tradewaveは厳密に従来のロボットではありません。Tradewaveは、ユーザーが独自のデジタル通貨取引ロボットを作り、デジタル通貨取引所で自動的に取引させることができる新たなプラットフォームです。TradewaveはPythonを使って直接ブラウザーで取引ロボットのコードを書き、クラウドで実行して取引することができます。つまり、ダウンタイムを心配したり、常にパソコンの電源を入れたり、インターネットに接続したりする必要はありません。もう1つの便利かつ優れた機能は、コミュニティメンバーが他のユーザーに試用の取引戦略を共有していることです。 Tradewaveプラットフォームが現時点で対応しているデジタル通貨取引所は、BTC-EとBitstampです。まもなくBitfinex、Atlas ATS、Krakenなどの新しい取引所が追加されます。 しかし、Tradewaveは無料で提供されていないため、毎月のエントリーは14ドルです。 5.Gunbot Gunbotは、市場に出回っている高度なデジタル通貨の自動取引ロボットの1つです。設定オプションと戦略を提供しており、独自のカスタム戦略を作ることができます。V9版には「リバーストレーディング」という機能が備わっています。この独特な設定を使えば、いつでも取引を続けることができ、現在対応している主な取引所はBittrex、Binance、Poloniex、GDAX等々です。また、取引所は数週間ごとに新しく追加されますが、欠点は、Gunbotはさまざまなバーションを提供しているため、常にアップグデートしなければなりません。価格の方は、ご希望のバージョンに応じて、0,02〜0,15 BTCです。Gunbotを使用する際に、取引する商品に気を付けた方がいいです。激しい市場調整があったら、保留中の注文をたくさん残ってしまいます。   結論 経験が浅いトレーダーにとっては、プログラムが理解しにくいため、ロボットで取引するのが万人向きではないですが、JPEX数字銀行の環型アービトラージ取引システムはなかなか良いチョイスです。また、トレーダーは、アルゴリズムによるデジタル通貨取引を提供する企業の信頼性と効率を信頼しなければなりません。インターネット上には、ロボットサービスを提供している企業がたくさんありますが、違法なものもあるため、気を付けなければなりません。ですが、評判も機能も良い取引ロボットを適切に使えば、利益がどんどん増えていきます。

    09/07/2020